2013年06月28日

車内の空気が和むとき

皆さん、お早うございます。
りんたパパです。


今朝の宇都宮は明るい曇り。
昨日とはうってかわり、湿度の高い、ムシムシした朝を迎えています。
9時現在、気温は20.8℃。
日中の最高気温は28℃と予想されています。
小まめな水分補給を心がけましょう。
また、朝晩と日中の気温差が大きいので、体調を崩さないように気を付けて下さいね。
恥ずかしながら、りんたパパ、風邪をひいてしまいました。


今朝、起き抜けに携帯電話のメールをチェックすると、しばらくぶりのお名前が。
以前、りんたパパが小山市の老人保健施設で働いていた時の同僚で、理学療法士のY先生です。
「今夜、野木駅で途中下車して、一緒に飲みませんか?」
とのお誘いです。

明日、明後日の予定は空いていますので、今夜ちょっと遅くなっても大丈夫そうです。
起きてきたりんたママに了承をとりつけて、
「喜んでお伺いします。」
と返信をしました。

風邪をひいているので、お酒は一杯だけという”自主規制”は設けますが、久しぶりの再会ですからきっと色々な話が聞けるのでしょう。楽しみです。


帰りはお酒が入った状態になるので、今日はバスで駅に向かったりんたパパ。
いつもの路線のバスが遅れていたので、今日は西口に向かう路線のバスに乗りました。
途中の停留所でのってきたのは、70代と思しき老婦人でした。

発車してすぐの信号でバスが停まると、その老婦人は立ち上がって、
「あの、すいません。S外科に行きたいんですが、どこで降りれば良いでしょう?」
と運転手さんに尋ねます。
「S外科、S外科・・・すみませんね、ちょっとわからなくて。バスが動きますんでちょっと座って頂けますか」

りんたパパはその名前に何となく心当たりがあって、すぐに携帯電話を取り出して調べ始めました。
が、電波状況があまり思わしくなくて、なかなかつながりません。
すると、次の赤信号でバスを停めた運転手さんが、
「お客様の中で、どなたかS外科の場所をご存じの方いらっしゃいませんか?」
とアナウンスをかけました。

すると、老婦人の2つ斜め後ろの席の女性が、
「Sさんなら、○○の次のバス停が近いですよ。」
と教えてくれたのです。

にっこりした運転手さんは、客席に一礼して、バスを発車させました。

程なくして、そのバス停に近づくと、S外科の看板が見えました。
停車ブザーの音がして、バスが停まると、老婦人が前に進み、
「本当にお世話になって。ありがとうございました。」
と言って、ステップを降りて行きました。

その時、ハプニングが。
バス停の手前側に看板が見えたのですが、老婦人は前方に進み始めてしまったのです。
場所がわかっていないのか、左右をきょろきょろと見回しています。

バスを発車させていなかった運転手さんが、
「ピッ」
と優しい音でクラクションを鳴らすと、老婦人は振り返り、そして看板に気づいて、S外科に向かって歩き始めました。


こうした連係プレーが成立すると、何とも言えず車内の空気が和むんですよね。
路線バスのこうした空気が、りんたパパは大好きです。


それでは、今日も行って参ります。
おまけ ショッピングモールのちびっこ広場にて
幼児たちに交じって、7か月のあゆちゃんはひときわ小さく、注目を浴びていました。
2013062717020001.jpg

















おおきな積み木
2013062717060000.jpg



















ちびっこひろばのアイドル。


2013年06月27日

しー!

皆さん、お早うございます。
りんたパパです。


今朝の宇都宮は、晴れ。
気持ちの良い青空が広がっています。
9時現在、気温は23.4℃。
日中の最高気温は27℃と予想されています。
久々のお洗濯日和です。
梅雨どきのモヤモヤも、まとめてパーッと洗って、乾かしちゃいましょう。


今日は珍しく、授業の予備日で、自宅待機です。
りんたママが市役所などに所用で出かけていますので、あゆちゃんと二人、お留守番中。
すやすやあゆちゃんが眠っているうちに、家事を済ませてしまいましょう。静かに、静かにね。

すみません、今日はこれで失礼します。

2013年06月26日

班長さん

皆さん、お早うございます。
りんたパパです。


今朝の宇都宮は、曇り。
幾分ひんやりした朝を迎えています。
9時現在、気温は22.0℃。
日中の最高気温も24℃と、さほど気温は上がらないようですね。
とはいえ、湿度が高いため、少し動くと汗ばむのがこの時期の特徴です。
こまめに汗を拭いたり、着替えたりして、体を冷やさないようにしましょう。


何かと体調を崩しやすいこの季節。
鼻をグスグスいわせているのが、りんた。
一昨日の夜中に、38℃台の熱を出してしまいました。
昨日の朝、りんたママと耳鼻科の診察を受けさせようかと相談していましたが、体温を計ってみると37.4℃と、幾分高めではありますが辛うじてりんたの平熱の範囲でした。

これなら、登校できるだろうと、急いで朝食の準備を整えて、りんたを起こします。
実際に体がだるいんでしょうが、それ以上に
「今日は病気で、学校を休まなくちゃならないんだ。」
というメンタル的なダメージが大きかったようで、いつもの朝以上にダラダラとしています。

なだめつ、叱りつしながら、7時半ぎりぎりにようやく朝食を終えて、なんとか送り出しました。
1階まで送って行ったりんたママによれば、すでに登校班の他の子供たちは出発してしまっていたのですが、りんたの班の班長さんが一人残って、待っていてくれたそうです。

入学して2か月半ほどの一年生を気遣って、待っていてくれるとは、なかなかできることじゃありません。
そういえばこの班長さんは、球技大会の時にあゆちゃんを抱っこしてくれた、6年生のお姉さんでした。
その時にも「面倒見のよさそうな女の子だな」という印象を持った記憶がありますが、今回も本当にお世話になりました。


我が子がお世話になったことをありがたく思うと同時に、同じマンションに住む若い世代にこうした人(敢えて”子供”と表記しません)が育っていることに、頼もしさを感じます。
そして彼女のお父さん、お母さんの育て方を見習って、思いやりと強さを兼ね備えた人になるよう、りんたやあゆちゃんを育てていきたいと思ったりんたパパでした。

ちなみに、りんたは早退することもなく、下校時間まで学校で過ごすことができました。
本人いわく、「しんどくて、大変だった」そうですが、連絡ノートには担任の先生の文字で「朝はしんどそうでしたが、休み時間は外で元気に遊んでいました。」とちゃんと書いてありました。
まあ、何はともあれ、持ち直してくれて何よりです。

皆さんも、体調を崩されませんように、お気をつけ下さい。
それでは、今日も行って参ります。


おまけ サトちゃん(ゾウさん)
サトちゃん.jpg


















真剣なまなざし・・・次の瞬間、サトちゃんの頭はあゆちゃんのお口のなかへ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。