2013年09月25日

スキンシップとマッピング

お早うございます、皆さん。
りんたパパです。

今朝も、普段よりも遅い電車に乗っている、りんたパパ。
あゆちゃんのカゼがまだ良くならず、小山市の義父母が看病のためにりんたパパ宅まで来てくれました。ところが、あゆちゃんは義母(おばあちゃんですね)がなぜか苦手で、抱っこされると泣いちゃうんです。
やむなく、りんたパパが抱っこして、寝かしつけてから家を出てきた次第。
ホントーに、すみません・・・。
どうかよろしくお願い致します。


バタバタのさ中、見上げる宇都宮の空は曇り空。
小雨も降っていますね。
9時現在、気温は22.1℃。
日中の最高気温は25℃と予想されています。
今日は一日雨が降ったりやんだりするようですね。
傘は必携ですよ。

台風20号の動きも気になります。
どうやら本州には上陸しないようですが、台風の接近に伴う天候の悪化が懸念されます。
気象情報はこまめにチェックしましょう。


昨日の記事で、仕事のメールを送ったと書きましたが、これは先週土曜日に、毎月訪問しているさくら市の知的障害者施設に行った際の報告書です。
先月からこちらの施設に作業療法士さんが関わるようになってくれましたが、この作業療法士さんから、ある利用者さんを見て意見が欲しいとの依頼を受けました。

この利用者さんは、若い女性ですが、1か月半ほど前まで、同じ施設の別の建物から現在の建物に移ってこられました。新しい建物で、新しく担当になったスタッフから、歩くのが不安定で、転倒するのが心配だとのご相談を受けたそうです。
膝の変形や筋力の低下などを心配されたようですが、実際にりんたパパがお会いして見たところ、そうした関節や筋肉など運動器の問題は殆ど見受けられませんでした。

この方が動けない理由は運動器の他にある、とりんたパパは考えました。

実はこの方は視覚障害のある方だったのです。
土曜日にこの方にお会いする前に、この方が7月まで在籍していた建物のスタッフに会って話を伺ったところ、そちらでは歩くことに関しては殆ど問題は無く、転倒したことも無かったそうです(実際にこの方に関して、過去にりんたパパが相談を受けることはありませんでした)。

視覚障害を持つ方は、ご自身の周囲の状況を頭の中に仮想の地図として記憶していきます。ご自身の居室から廊下に出て、このくらい進むとトイレがあるとか、こちらに曲がると、デイルームがあるなど、独自の感覚に基づいたマッピングが行われることで初めて行動が可能になるんですね。

慣れ親しんだ環境から初めての環境に移されると、こうしたマッピングが破綻してしまい、動くすべを失ってしまいます。
また、周囲の人も変わってしまいます。目が見えるのであれば、このエプロンをつけている人に聞けばいろいろわかるんだなと、スタッフの存在に気付けますが、慣れていない環境では声を頼りにスタッフを見つけるのは非常に困難です。

りんたパパは視覚以外の感覚をもっと活用するように、2つの提案をしました。
ひとつは周囲の状況を理解できるように、手すりを使ってご自身の居室から良く使うものの配置を手探りで覚えるようにすることです。

もう一つは毎日必ず声掛けとスキンシップを密に行うこと。
りんたパパが訪問した際、お近くで声をかけているとこの利用者さんの方から、りんたパパに手を伸ばしてきてくれました。
その手は、りんたパパの肩から、喉元に伸びてきました。
りんたパパが声を出す時に震える、喉のところに触れていたんですね。
りんたパパには、彼女がそのビリビリとした振動に触れることと声を聞くことで
声の主の人となりを深く感じ取ろうとしているかのようにも思われました。

私達は様々な感覚の情報を得られることで自分が今どこにいるのか、今がいつなのか、話している相手が何者なのかなどの状況を理解し、安心感を得ています。
視覚障害者の方の場合は視覚以外の感覚、触覚や聴覚による感覚の入力が十分に行われることで、初めての環境に対する不安感は少しでも緩和できるのではないかと、そう考えたんですね。


こうしたアドバイスを行うのが、りんたパパが「PTらしくないPT」といわれてしまう原因なんですが、その方にとって何が必要で現在何が足りていないのか、そんなことを考えると必然的にこうした発想になってしまうんです。

次にこの利用者さんにお目にかかるときには、もっと活動的になって笑顔が増えていてほしい、そう思いながら報告書をおくったりんたパパでした。


それでは今日も行って参ります。


2013年09月24日

39℃

皆さん、お早うございます。
りんたパパです。


今朝は電車のダイヤが乱れた影響で、乗り継ぎ、乗り継ぎで南下しております。
先ほど、仕事の関係のメールをやっと送ることができました。ふぅ。

朝方は少し雨がぱらついた宇都宮でしたが、りんたパパが出かける頃には雨は上がり、幾分晴れ間も見えてきました。現在、車窓からは蓮田市あたりの様子が見えていますが、うん、明るい曇り空ですね。
日中と朝晩の気温の差が大きいので、体調を崩さないようにしましょう。


あゆちゃんが、土曜日の晩からお熱でダウンしています。
鼻水、咳、39℃前後の高熱とトリプルパンチ。
食欲があるのが救いですかね。

今日はりんたママが仕事を休んで、小児科に連れて行く予定です。
お薬を出して貰って、それが効いてくれると良いのですがね・・・。
帰りに、のど越しの良いゼリーか何か、買って帰ることにしましょう。


早く、良くなれと祈りつつ、今日も行って参ります。
posted by りんたパパ at 11:09| 栃木 ☁| Comment(0) | りんたとパパの日記(子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

クレド

皆さん、お早うございます。
りんたパパです。


お彼岸の中日、秋分の日の朝、いかがお過ごしでしょうか?
宇都宮はいささかひんやりとした朝を迎えました。
先ほどまでは曇りがちでしたが、青空が見えてきましたね。
9時現在、気温は20.0℃。
日中の最高気温は26℃と予想されています。
お出かけにはうってつけの日和ですね。

ちなみに、りんたパパは今日も月曜授業のため、登校です。
以前の記事にも書きましたが、祝日はお客さんの雰囲気が違うんですよ。
男女ともデニム装着率いささか高め。
ゴルフバッグを持った女性もいますね。

みなさん、お気をつけてお出かけ下さいね。



2学期に始まった、「社会鍼灸学」という科目がありますが、その科目で出された課題を解いていたりんたパパは、鍼灸師の倫理綱領というものを見つけました。
専門職として、広く世の中に、全ての人に対して鍼灸師が誓うもので、良心の拠り所、信条といったものと言えます。

全箇条を転載しますね。


日本鍼灸師会会員の遵守すべき倫理綱領を次のように定める

一、 私は生涯を人類への奉仕に捧げることを誓う
二、 私は常に患者の健康の回復と保持増進を第一に考える
三、 私は患者の信頼に応えて秘密を厳守する
四、 私は良心と誠意をもって治療に専念する
五、 私はたえず鍼灸の学と術について最高の水準を保ち疾病に関する知識を一層深め伝統を守りその伝承に努力する
六、 私は鍼灸治療の有効性を高めその学術的研究の業績を重ねることによって他の医療分野から信頼と協調を確保し患者の治療に努力する
七、 私は鍼灸治療の適応を十分認識し無効な治療を行うことなく更に過誤を犯すことのないように努める
八、 私は常に自己の職責に誇りと責任をもち鍼灸師としての名誉と尊厳をもって鍼灸の発展に努力する
九、 私は治療に当たって宗教国籍人種政党社会的地位の違いによって患者に果たすべき義務を変えることはしない
十、 私は流派を超えて相互に鍼灸師を尊重し鍼灸界の団結を高め鍼灸師の資質向上のために努力する


公益社団法人 日本鍼灸師会HPより
http://www.harikyu.or.jp/about/ethics.html

なんだか、背筋が伸びるような、気持ちが引き締まるような心持になります。


サービス業を中心に、様々な職種で
”その専門性を公共のために資する”
”お客様のために私たちはこのようにある”
ことを誓う、信条の宣誓が行われています。
クレドと言われるものがそうです。

前述の倫理綱領ほどのものでなくとも、りんたパパは開業するにあたって、こうしたクレドのようなものをしっかりと持ち、それを常に意識して事業を行っていきたいと考えています。

Walking Magick
この言葉はりんたパパの造語ですが、この言葉にはりんたパパのこれから目指す内容がすべて含まれています。

歩くことを獲得する。
歩くことを再び獲得する。
歩くことで生き方が広がる。
歩くことで健康になる。
歩くことが快適になる。
歩くことに喜びが見いだせる。
困難な状況から、一歩踏み出す。

私はそのお手伝いをし、提案をし、次の一歩を共にデザインし、そのためのサポートを行います。


それでは、今日も行って参ります。

※お詫びと訂正。
9月20日の記事「敬意を持ちあえるチーム」の中で、ケイ・サポートさんの名称がケア・サポートと誤って表記されていました。正しくはケイ・サポートさんです。大変失礼しました。

それから、ケイ・サポートさん、またコメントを頂き、本当にありがとうございました。
今日はご家族とお出かけでしょうかね?
また、会えるのを楽しみにしています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。