2013年09月17日

晴れた空を見上げて雨を思う

皆さん、お早うございます。
りんたパパです。


今朝の宇都宮は、晴れ。
台風一過の快晴で、雲一つない青空が、ただもうどこまでも澄んで広がっています。
9時現在、気温は20.3℃。
日中の最高気温は29℃と予想されています。
湿度が低く、カラッとした好天が続きます。
絶好のお天気日和ですよ。


昨日の台風18号は、各地に大きな被害をもたらしました。
被害に会われた地域の方には、心よりお見舞い申し上げます。

今朝の時点で、死者3名、行方不明の方もまだ数名おられるようですね。
りんたパパの実家のある滋賀県や京都府、福井県には初の大雨特別警報が出されました。避難勧告・指示は全国で60万世帯あまりにのぼったそうです。


「災害は忘れたころにやってくる。」
とは昔から伝わる標語ですが、例年この時期にやってくることが分かっている台風でも被害を防ぐことは困難です。
だからこそ、
「備えあれば憂いなし。」
と言えるよう、しっかりと備えることが肝心なんですね。

「人は石垣(甲陽軍鑑:武田信玄の兵学書の一節より)」
ではありませんが、ご近所との連携があることで備えは盤石になります。
普段からのご近所つきあいも大切にしたいものです。

また、日本の南海に台風19号が発生しました。
どのような進路をとるのか、早めに情報を収集して、必要な備えを整えましょうね。

ちなみに、りんたパパは昨日、赤羽駅で学校から電話を受けました。
「学校のホームページ、ご覧になりましたか?」
「いえ、何か情報が載りましたか?」
「台風の接近で、登校が困難な方は、欠席して頂いても出席扱いになるので、無理に登校されないように連絡しています。」
「実はもう、赤羽駅まで来ているんです。」
「連絡が遅かったですね。帰るよりも学校に来た方が安全ですよね。」
「そうですね、早めに家を出ましたので、ホームページの更新には気づきませんでした。授業が行われるのであれば、登校します。」
「授業は通常通り行うので、気を付けていらして下さい。」
「有り難うございます。それでは伺います。」

電車が動いているのを確認して、埼京線に乗り換え、結局ほぼいつもの時刻に学校に到着しました。

東武電鉄や小田急線、JR常磐線など、いくつもの路線で運休やダイヤの乱れなどがあり、多数の学生が欠席したようで、りんたパパのクラスでは出席したのはりんたパパを含めて2名だけでした。
実技の授業でしたが、学生2名に対して教員2名と、実に贅沢な授業を受けることになり、しっかりと練習ができました。

開業して、鍼灸治療院を経営する立場になれば、今度は患者様の安全をどう確保するかを考えなくてはならなくなります。
例えば、店舗物件等を選ぶ際にも、浸水被害を受けにくい立地なども選択の条件にいれて探してみようかと考えています。
ご予約頂いた方への連絡の方法や、来院後に天候が急変した場合の対処など、様々なシーンを想定して対応を考えておくことも大切ですね。

晴れた空を見上げながら、雨の日の事を思うりんたパパでした。


それでは、今日も行って参ります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。