2014年07月11日

スイカのひんやり小豆粥

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


台風8号の影響が心配されていましたが、関東地方にはさほど大きな被害は与えなかったようですね。
午前9時過ぎに房総半島を横断して東海上に出たあたりで、温帯低気圧に変わったとのこと。
何とか、一安心です。

ただし、東日本から北日本にかけては引き続き大雨や突風などの影響が出る恐れがあるため、引き続き警戒して下さい。

宇都宮市内の小学校は、台風の影響を避けるため、2時間ほど繰り下げて午前10時の登校となりました。
小学校2年生のりんたも、9時半まで自宅で待機してから、元気に(なぜか汗だくで・・・)登校していきました。

しかし、蒸し暑いですね。
温かいシャワーを浴びたあとの浴室のように、モアーっとしています。
熱中症は最大限に警戒が必要ですよ。


さて、お待ちかね昨日のスイーツ作成レポートです。

昨日りんたパパが作ったのは、
スイカのひんやり小豆粥(今命名しました)です。

大まかなレシピは、クックパッドを参考にしましたので、元のページをご参照下さい。
http://cookpad.com/recipe/1929838

ざっと洗って、水を切ったお米をざるに上げて、米粒にひびを入れます。
こうして炊いたお粥(6倍粥)は米粒が良い感じに砕けて、舌触りの良いお粥に仕上がります。

粥.jpg



















スイカは種を取ってスプーンなどで一口大に分け、ボウルに入れて砂糖をまぶして冷蔵庫で冷やしておきます。
砂糖によって浸透圧が発生してスイカの中の果汁を引き出して、シロップ状のものを作るわけなんですね。
元のレシピでは大さじ2となっていますが、このあとぜんざいを加えるのでりんたパパは大さじ1程にしました。

スイカとお粥、それから市販のぜんざいをすべて良く冷やしておき、器に盛り付けますと・・・

スイカのひんやりお粥.jpg

















出来上がりです。
大人には仕上げに少しラム酒をふりかけてお出しします。


これはねえ、実に良いですよ。
シャキシャキとした、スイカの歯ごたえ。
もっちりしたお粥とぜんざいの甘み。
合います。

団子のように冷えても固まらないのが良いんですね。
甘いものには目の無いあゆちゃん、一生懸命食べていましたよ。


スイカの体に嬉しい作用は幾つかあります。
一つは、清熱(せいねつ)作用。
水分を補うことで熱中症対策になるというのももちろんありますが、東洋医学的に熱が局所にとどまることで発生するとされる、ニキビや皮膚炎などの症状にも良いとされています。

また、利尿作用が強いことも古くから知られています。
体内にたまった水分を水毒と言いますが、めぐりを良くして水毒を解消し、体外に排出する効果が知られています。

美肌効果。システインという成分が紫外線で傷んだ皮膚を補修し、シミ・ソバカスを防止してくれるそうです。
また、シトルリンという、アミノ酸の一種が豊富に含まれており、これが男性の勃起障害の改善にも良いことからED対策にスイカが良いと報道されたことも記憶に新しいところです。

夏を元気に暮らすために、心強いパートナー、スイカ。
美味しく食べてギラギラの夏を乗り越えましょう。

それでは、また。
りんたパパでした。

おまけ1
image.jpeg

















柔軟あゆちゃん。
体の前に伸ばした足を横に開いて、足の後ろでそろえることもやすやすとやってのけます。

おまけ2
レンジでパン.jpg


















りんたママの力作、レンジで作ったパン。
この日お休みだったりんたママ、スイーツを作るりんたパパに触発されて、作ってみたそうです。
ちゃんとちゃんとのイーストを使って、一次発酵、二次発酵させて作ったパン。
大変おいしゅうございました。

※7月12日訂正 りんたママの作ったパンは「電子レンジで作った」のではなく、正確には
「電子レンジで発酵させて、オーブンで焼いた」ということでした。
道理で良い焼き色です。
発酵の途中でりんたパパは外出してしまったため、勘違いしちゃったんですね。ごめんねごめんねぇ。


posted by りんたパパ at 12:12| 栃木 ☁| Comment(0) | クッキング・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。