2014年07月22日

8歳のお祝い

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


先週土曜日から、昨日の海の日まで3連休だった方も多いと思いますが、いかが過ごされましたか?

りんたパパ宅では、長男のりんたの誕生日が近いため、昨日お祝いをしました。
実際には土曜日に小山の義父母と義妹、甥が赤飯を持って遊びに来てくれたので、2回お祝いをしたのです。
クリスマスとお正月、誕生日のお祝いをいっぺんにまとめられてしまう、もう一人の甥が聞いたら、激しく悔しがるかもしれません。

昨夜のお祝いのためにりんたパパが作ったものを書き上げてみると・・・
・骨付きチキン・・・鶏の手羽元をたっぷりのお湯で茹でて、フライパンでたれをつけながら焼いたものです。たれは、ハチミツを水で溶いて、醤油と市販のキムチの素を混ぜたもの。

骨付きチキン.jpg


















これはりんたのリクエストでした。

・素揚げのジャガイモとカボチャ
・ナスの黒酢煮・・・ナスを多めの油で炒めて、水と砂糖、おろしショウガを加え、沸騰したところで干しエビ(粉状のもの)と黒酢を加え、醤油で味を調えて水溶き片栗粉でとろみをつけました。仕上げにごま油で香りと照りをつけると、本格中華っぽくなります。
ナスの黒酢煮.jpg


















酢豚の味付けっぽい、ナスの料理だと考えるとイメージしやすいでしょうかね。

・お馴染みのチキンライス・・・これもりんたのリクエストでした。少し前に多い目に作って冷凍しておいたチキンピラフを解凍して、ナツメグや塩コショウ、ケチャップで味付けして仕上げたのですが、解凍が今一つうまくいかず、炒める時間が長くなってしまったためか、妙にモチモチした食感になってしまいました。りんたが喜んで食べてくれたので、結果オーライでしたが、作り手としては複雑な所です。

ともあれ、楽しい夕餉でりんたの8歳の誕生日を祝うことができ、とても素晴らしい連休の締めくくりになりました。


ちなみに、男の子の8歳(女の子の7歳)は、東洋医学的には一つの節目になり、いわゆる経絡なども通じる年齢とされます。
あまり強い刺激はやはり禁物ですが、少しずつ鍼や灸などの施術もできるようになってきます。
体の成長の具合を見ながら、健康維持のためにりんたパパがしてやれることも出てくるのかなあと考えています。

子どものお世話というのも、乳児期から幼児期、児童期と成長するにしたがって減って行き、かわりに勉強の事や友人関係、社会との関わり方なんかについて親が介入したり、様子をみてやったりするようになっていくのですね。
そうなるとどの程度子どもに関わって上げるのが良いのか、さじ加減について悩んだりするのでしょうが、こうして食べるものの事や鍼灸・マッサージなどを通して心身の両面に触れられる機会があるというのは、りんたパパとしては嬉しく・ありがたいことかなとも思うのですね。
今後何歳ぐらいまでりんたやあゆちゃんがりんたパパ達を受け入れてくれるのかは分かりませんが(親元から離れていくのも、成長の証しですからね)、できる限り近い存在でい続けたいと考えています。


ここまで記事を打っていたら、急にチャイムが鳴ってお客様が見えました。
東北のある県から出張中だという30代の営業職の女性で、足の痛みと腫れを訴えて来られました。
なかなか、鍼灸向きではない(?)症状ですが、逆にりんたパパのストライクゾーンかも。

アイシングとテーピングを行い、靴の選び方や症状の原因となる可能性のあるご病気について説明をさせて頂きました。
テーピング後、再び靴を履いて歩かれると、
「すごい、楽かも!」
と一言。

暑い中、営業で外回りは大変ですよね。
ましてや足の痛みを抱えていてはその辛さは数倍にも増すことでしょう。
いくらかでも楽になってくれることを祈ります。
どうぞお大事になさって下さい。


それでは、今日はここまで。
りんたパパでした。

おまけ
やきゅう.jpg
















やきゅうする!

しょうぶだ!.jpg

















しょうぶだ!

・・・ってあゆちゃん、右と左のお手てが反対ですよ。


posted by りんたパパ at 12:35| 栃木 🌁| Comment(0) | りんたとパパの日記(子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。