2014年07月23日

繋がっている実感

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


昨日は、夕診をお休みして、埼玉方面に出かけて参りました。
以前勤めていた、埼玉のリハビリテーション病院でお世話になっていた方々のうち、有志数名で集まって暑気払いを行うことになり、リハビリテーション医のF先生も参加されるということで、りんたパパもお声をかけて貰えたのです。

12年ぶりにお会いするF先生は、変わらずにお元気で懐かしい笑顔で迎えてくれました。
「社長になったの?」
「ちゃいます、しがない個人経営者です!」
従業員もおらず、なんでも一人でやっている現在のりんたパパは、ある意味一番下っ端でもあります。

埼玉のリハビリテーション病院を離れられた後、脳卒中後のリハビリテーション分野に関する研究を重ねられたF先生はリハビリテーション業界でも名の知られた重鎮のお一人となって、活躍されています。


実はりんたパパ、F先生と一緒に海外に研修で派遣されたことがあります。
今を去ること15年ほど前、日本で介護保険がスタートする直前の時期に、日本よりも一足先に介護保険をスタートさせていたドイツに視察に行き、介護保険の現場でどのようなリハビリテーションが行われているのかを学んでくるというもので、3週間の短期留学的な研修でした。

当時足底板療法の担当者で、健康靴やアインラーゲンというドイツの整形外科靴マイスターの作る足底板などにも興味のあったりんたパパは、こんなチャンスは他にはないとばかりに、真っ先に手を上げて研修に参加しました。
正直に申し上げると、介護保険のリハビリテーションはどうでも良かったのですが(ナイショ)。

ところが、帰国後の翌年度に異動となり、相談部門に赴いたりんたパパには、この研修で学んだことが非常に大きな意味を持つようになるんですね。ある意味その後の介護保険施設の立ち上げや、現在のウォーキング・マジックの提供サービスなどにも関わって来るので、人生ってやつは分からないもんです。

ドイツ研修の間、F先生とは朝晩の食事を共にする(昼は別行動のことも多く、りんたパパは良く駅のサンドイッチスタンドを利用していました)ことが多く、リハビリテーションに対する考え方や職場の中での専門職のあり方、社会の変化(高齢化が進行しつつあることもまだどこか絵空事のような時期でした)にリハビリテーションはどう関わるべきかなど、普段の職場内ではあまり話す機会がないような話題を語ったように記憶しています。

ドイツの美味しいビールを片手に様々な思いを語るりんたパパに、お酒の飲めないF先生はコーヒーで付き合って下さり、楽しいディスカッションは連夜続きました。


そうそう、ベルリンの食事は基本的にファストフードのような構成内容になっていて、
肉料理(揚げたり、焼いたり、茹でたりと様々)が一つと、
ジャガイモ(フライドポテト、マッシュポテトなど)、
パン、
以上
というものが多く、味付けも基本的に塩コショウくらいでシンプルなものでした。

これはこれで美味しいのですが、新鮮な野菜や魚介類を好む我々日本人としては、どうにも物足りない。
研修の最終週には宿舎の近くに見つけたイタリアンレストランに連日通いました。
イタリアンは、カラフルで野菜も魚介も豊富で、日本人の口にも合うんですね。


電車の都合で、一足先に店を出るりんたパパは、メンバーのお一人お一人と固く握手して別れました。
繋がっているという事実は歳月がたっても変わりがなく、再び顔を合わせることで心の深いところが心地よく揺れ動かされます。

皆様の活躍にも負けないよう、この小さな治療院、ウォーキング・マジックを育て上げていきたいとの思いを強くしたりんたパパでした。

またお会いしましょう。

今日はここまで。
りんたパパでした。


おまけ

きょうで8歳になったりんたへ。

おたんじょう日おめでとう。
きみが生まれてくれて、パパは はじめてお父さんになれました。
まい年、7月になるときみが生まれた日のことを思い出します。
プールに行ったり、山にのぼったり、つりをしたりするたびに、きみがせいちょうして大きくなり、
たくましくそだってくれていることがわかります。
あゆちゃんに本をよんであげたり、ボールであそんでくれるようすも にこにこして見ています。
ありがとう、本当にうれしいよ。

しっかりごはんを食べて、大きくそだって下さい。
人のはなしをしっかりきいて、かしこくなって下さい。
元気いっぱいのりんたのことが、みんな大すきです。

パパより


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。