2014年09月27日

冬瓜スープ召しませ。

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


宇都宮は今日も秋晴れの一日。
朝からカラッとして、風も日差しも気持ちが良いですね。
こんな日には食欲が出て、何を食べても美味しいかもしれません。
でも中には、夏の疲れから、ちょっとバテ気味という方もいるのではないでしょうか?


そんな方にお勧めな食材が、冬瓜(トウガン)です。
冬瓜は性質は「涼」とされ体内にたまった熱を解消する働きとともに、利尿作用があるため余分な水分を体外に排出する働きがあります。
水分代謝がうまくいかなくなり、体内の熱をうまく解消できなかったり、逆に余分な水分のためにむくみが出るなど、夏の前後に起こりがちな症状を改善するのにはうってつけと言えますね。


りんたパパが好んで食べる冬瓜の料理は、スープです。
詳しいレシピは、2011年9月14日付けの記事「冬瓜と鶏のスープ」
http://bumotasan.seesaa.net/article/225878365.html
をご参照下さい。

この時期に食べたいものだよなあと思い出して、先日作ってみました。

鶏と冬瓜のスープ.jpg



















冬瓜のスープ。
今回は骨付きの手羽元で作り、お肉は取り出して、オーブントースターでハチミツと醤油を塗って炙って食べちゃいました。
おダシは基本的に何でも良いのですが、中華風に作るのであれば、干しシイタケとホタテの貝柱はなるべく入れて下さい。ぐぐっと本格的になりますからね。

我が家の子供たちも
「美味しいね。」
と喜んで食べてくれました。

ちなみに、冬瓜の皮と種の周り(ワタ)は取り除いてしまうのですが、薬膳のサイトなどを見るとこれらの部分にも薬効があるのだとか。とくに皮はダイエットに効果があるのだそうですよ。
次回はりんたパパも冬瓜の皮やワタもちゃんとクッキングしてみようかと思っています。


明日はりんたパパ、5回目の美容鍼灸セミナーに参加してきます。
残すところ明日を含めてあと2回。
どんなことを学べるのでしょうか。楽しみです。

それでは、また。
りんたパパでした。


posted by りんたパパ at 11:31| 栃木 ☀| Comment(0) | クッキング・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

絶品スイーツ

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


宇都宮は朝のうち晴れていたのですが、だんだん雲が増えてきました。
昨日ほどには気温が上がっていないようですね。
こんな日は温かい飲み物が良いですね。

りんたパパの治療院、ウォーキング・マジックではアイスティーをお出ししていますが、本日の患者様には施術後に温かいジャスミンティをお出ししました。
リラックスしたお顔で帰られる患者様。
ご満足いただけたでしょうか?


今日の話題は、連休中にりんたママが作ってくれた、絶品スイーツです。
材料は、これ。

カボチャ.jpg


















ちょっと変わった形ですが、スープ用のカボチャなんだそうです。
皮が薄くて、きめが細かいバターナッツというカボチャ。
スープも美味しかったですが、このカボチャで作る”これ”がまた良かった。

カボチャプリン 1.JPG




















パンプキン・ブデイング 
いわゆるところの、カボチャプリンですね。

カラメルソースも浸み込んで良い感じ。

カボチャプリン 3.JPG


















子どもたちも喜んで良く食べました。

カボチャはカロチンを豊富に含んでおり、カリウムやビタミンCも多い緑黄色野菜の代表格です。
蒸かしてもよし、煮物にも、てんぷらにも良く、スイーツの材料にもなる万能選手。
我が家の食卓には欠かせません。

これから季節は秋そして冬へと、移り変わって行きますが、貴重なビタミン源としてこれからもお世話になる事でしょう。
どうぞよろしくね。

そしてりんたママ。
これからも美味しいスイーツ、よろしくね。


りんたパパでした。
明日は定休日の木曜日。月に一度の母校参りです。
上京する電車の中で更新できると良いですね。

それでは、また。
posted by りんたパパ at 15:09| 栃木 ☁| Comment(0) | クッキング・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

マグロステーキ/レシピあります

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


今日の宇都宮はすっきりとした秋晴れ。
気持ちがいいですね。
思い返してみると、昨年の今頃はもっと残暑が厳しかったような気がします。
今年は季節が早く移り変わって行きますね。

その分、体調をくずしてしまう方もおられるわけで、そこはやはり「予防に勝る治療なし」が肝心です。
睡眠をしっかりととり、栄養バランス良く食事を摂る。
手洗い、うがいも大切ですね。


気を付けていたつもりだったのですが、体調を崩しちゃったのが、りんた。
火曜日の晩から耳の痛みを訴えており、なんとか水曜日は学校に行けましたが、その夕方から39℃台の熱を出してしまいました。

「プール熱」も疑ったのですが、昨日小児科にかかってみて頂くと、夏風邪でしょうとのこと。
少しほっとしました(プール熱だと、周囲にもうつりやすいので、チビちゃんが心配だったのと、小学校への登校もしばらく停止になる可能性がありますからね)。
しかし、これでは週末の連休に参加を予定していた、サバイバルキャンプもキャンセルせざるを得ません。

処方して頂いた薬を飲んでひと眠りした、りんた。
良く効いたと見えて、空腹を訴えます。

「何が食べたい?」
とたずねると、
「”宮”のステーキ!」
栃木県民の方はご存じ、ステーキチェーンの”宮”。
つい先日、りんたパパが不在の時にりんたママに連れて行ってもらって、すっかりファンになったのですね。

「今日は外食も、ステーキもだめ!」
「えぇー!!」
ちょうどこの日、近所のスーパーでビンチョウマグロが安く売っていたので、一サク買ってありました。
「じゃあ、ビーフステーキじゃないけれど、それに負けない位美味しい、マグロステーキを作ってあげよう。」
「やったー!」

こんな会話があり、夕方ビンチョウマグロに塩コショウして、マグロステーキの下ごしらえを始めて寝室を覗くと、りんたがぐったりしています。
夕方になり、解熱剤が切れたこともあって再び熱が上がってきたのです。

「こりゃぁ、食べられないかな」
「ちょっと無理かも。」

それでも、よっぽど心残りだったんですね。
家族が夕食を食べていると、りんたはタオルケットと枕を持ってリビングダイニングまでやってきました。
長座布団に横になって家族が食べている様子を眺めています。

ちょっと不憫になって、
「少しだけ食べてみるかい?」
と脂の少ない部分を取り分けて食べさせると、
「旨いよ。ふぅう」
とため息をつく、りんた。

熱が出ていても、どうしてもりんたが食べたがった、マグロステーキ。
そんなマグロステーキの作り方は、ことらです。

マグロステーキ
【材料】
マグロ(ビンチョウマグロ、キハダマグロなど カジキでも美味しいですよ) 1サク

ブラックペッパー
ニンニク 1かけ
醤油 大さじ2
オリーブオイル

【作り方】
1.ニンニクを5mm角に切って小鉢に入れ、醤油を入れてラップなどで蓋をして冷蔵庫に入れておきます。
2.大きめの皿にラップを敷いてクッキングペーパー(リードなど)を敷き、その上にまんべんなく塩、コショウを振ります。そこにマグロをサクのまま置いて、さらに上から塩、コショウを振ります。塩コショウしたら、クッキングペーパー、ラップでマグロを包み、皿ごと冷蔵庫で30分ほど休ませます。
3.2のマグロを30分ほど休ませたら冷蔵庫から取り出します。フライパンにオリーブオイルを入れ、熱したらマグロを焼いていきます。サクの表、裏、側面をそれぞれ1分半ほど焼きます。菜箸よりもトングや、パスタ掴みなどを使うと、マグロの身が崩れなくてやりやすいですよ。
4.仕上げに1.のニンニク醤油(醤油だけ)をかけて全体にからめ、なじませます。
5.食べやすい大きさにカットして、出来上がりです。

・丼によそったご飯の上にのせて、刻んだ海苔やワサビ、クレソンなどをそえると、マグロステーキ丼です。
・残ったニンニクは、チャーハンの具にぴったりです。
・5.のカットする際に、切りにくいようであれば、焼き上げてすぐ切らず、5分程置いておくとマグロの身がなじんで崩れにくくなります。

お試し下さい。


りんたの体調が戻ったら、また作ることにしましょう。
マグロステーキ。
これからの時期、脂がのって美味しくなりますしね。


それでは、また。
りんたパパでした。
posted by りんたパパ at 11:02| 栃木 ☁| Comment(0) | クッキング・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。